トップページ > 太陽光発電の魅力
太陽光発電の魅力

産業用太陽光発電の主な導入メリット

太陽光発電の電力を10kW以上27円(消費税別)で10年間固定買取(経済メリット)

平成24年7月、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。これは、再生可能エネルギーの普及促進のため、太陽光発電などの電力を、電力会社に一定期間・固定価格で買い取ることを義務付けたものです。
当制度によって、発電量全量を売電することが可能となり、売電収入による経済メリットが大きくなりました。

買取価格・期間等 平成27年度(2015年4月〜2016年3月)

太陽光 10kW未満
余剰買取 ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
調達価格 33円(税込) 35円(税込) 27円(税込) 29円(税込)
調達期間 10年間 10年間

※北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

太陽光 10kW以上
平成27年7/1~
調達価格 27円(税別)
調達期間 20年間

※買取価格・期間は、原則年度ごと見直されます。
※10kW以上の設備については、余剰買取も可。10kW未満の設備については、余剰買取に限る。
制度の詳細:資源エネルギー庁

環境経営で企業PR効果

発電時にCO2を発生しない太陽光発電は、地球温暖化防止はもとより、化石燃料の使用抑制等、環境保全に寄与します。企業のイメージアップ、地域社会や従業員の環境意識の向上にも有効です。

税負担の軽減

クリーン投資減税が施行されました

エネルギー環境負荷低減推進税制(グリーン投資減税)は、我が国のエネルギー環境への適合及びエネルギー需給構造の改革のため、需要・供給の両面において、エネルギー起源CO2排出削減や再生可能エネルギー導入拡大に資する設備投資の加速化が必要不可欠であるとの観点から、平成23年度税制改正において創設されたものです。

平成27年4月1日、「所得税法等の一部を改正する法律」が公布・施行され、グリーン投資減税の即時償却の対象設備が変更されました。

対象設備 制度概要

※以下のいずれか1つの税制優遇措置を選択できます。

対象者 取得期限
固定価格買取制度の設備認定を受けた10kW以上の設備 普通償却に加えて、基準取得価額(計算基礎となる価額)の30%特別償却及び即時償却。 青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合 平成25年4月1日から平成28年3月31日まで
中小企業者等に限り、基準取得価額の7%相当額の税額控除。

※各種要件がありますので、詳細な計算等に関しては、顧問税理士または税務署にご相談ください。
制度の詳細:資源エネルギー庁

停電時の非常用電源に

自立運転機能付きのパワーコンディショナの場合は、非常用電源として活用できます。

導入フロー

場所や広さに応じて自由に発電規模を設計できます。ご予算やスペース、事業スタイルに応じた最適なプランをご提案します。
導入フロー
設置例
設置例

設置規模とスペースの目安

地上設置の場合、影の影響を考慮するため、設置角度によって設置できる太陽電池モジュール(パネル)の枚数に差が出ますが、目安として1kWにつき10〜15m²が必要です。
※おおむね設置角度30度で発電量は最大になりますが、より角度が小さいほうが設置できるモジュール枚数は多くなります。風圧等諸条件を考慮し、最適なシステム設計をご提案します。